To the mentors of the future

不透明な時代の生き方を探すライフコーチング

「鋭敏な強さ」を身につけるたった一つの方法

高度で鋭敏な感覚。 これは普通の人々が感じない情報を瞬時に大量に察知できることを意味する。その感覚(Highly Sensitive)を持った人(Person)はHSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれるが、その感覚を普通の感覚の人々(非HSP)に伝えることは不可能…

【HSP診断付】あなたは高度に鋭敏な感覚を持っている人ですか?

高度に鋭敏な感覚を持つ人はHSPと呼ばれる。その人々をHSPと認識して接した経験がある人ならば、次のことに気がついたかもしれない。 HSPの人々は心で考える。一方、HSPではない人々を非HSPと呼ぶならば、その人々は頭で考える。そう感じた人もいることだろ…

HSPと呼ばれる「高度に鋭敏な人々」とメンター

この世界は「鈍感な8割の人々」と「敏感な2割の人々」で構成されている。その「敏感な2割の人々」は、ある心理学者によってHSPと名付けられた。 HSPとは「Highly Sensitive Person」の頭文字を取った言葉であり、「高度に鋭敏な人々」とも「非常に敏感な…

子どもを動かす三つの重さ 〜続・なぜ「親の言葉」は軽くなってしまったのか〜

人生の問題に対する免疫力が低い人間が増えている。メンターの役割を果たしてきた人であれば、例外なくそのことに気づいているだろう。 その原因を親に求め考えを掘り下げた結果、「子育ての保育化」に行き着いた人も少なくないかもしれない。 子どもに快適…

なぜ「親の言葉」は軽くなってしまったのか

少し前、ある程度のキャリアを持つ教育関係者と話す機会があった。そのとき、ある言葉が印象に残った。 「親の言葉が軽くなったと思われませんか?」 真意を尋ねると、彼は続けた。 「自分が年齢を重ねたせいもあるでしょう。学校教育も民間教育も含めて、教…

続・「自分を変える?」「自分を変えない?」 正解はどちら?

「自分を変える? 自分を変えない?」 その質問に対する正解は一つしかない。 「自分を変えてはいけないし、自分を変えなくてはならない」 どの自分を変えて、どの自分を変えないか。 問題は「どの」の部分であって、「変える・変えない」の問題ではない。メ…

「自分を変える?」「自分を変えない?」 正解はどちら?

よく自分を変えろと言われますよね? 自分を変えることが成長への大前提となってますよね? でも本当にそうなのでしょうか? 自分を変えずに貫くことが大事だという人もいます。 自分を変える。自分を変えない。どちらが正解なのでしょうか。 * * * メン…

メンターにとって必要不可欠な視点

「どんな人をメンターと呼ぶのですか?」 そんな質問を受けることがある。 メンターは先生のようであり、コーチのようであり、よき理解者のようであり、ロールモデルのようでもある。 メンターは教え、ときには教えない。引き出し、与え、示唆し、鼓舞し、共…

留学や起業を考えているみなさんへ

日本の学生は内向きで安定志向が強いと言われるが、それは意外にステロタイプだったりもする。 留学と起業に関心を示す学生や社会人は一定数の割合で存在する。彼らの目にこのふたつは「冒険」の象徴と映るようだ。 僕は留学と起業のどちらも経験している。 …

本当に人から尊敬される人

質問力という言葉を初めて聞いたとき、「あ、うまい言葉だな」と思った。 質問の内容でその人のセンスがわかる。もっと正確にいうと、その人がどんなフェーズにいて、どこに向かおうとしているのか。それが手に取るようにわかる。 その意味で、質問というの…

「挫折」という強さ

以前、現代文の授業をしていたときに、 「よく耳にするけど、実はよく意味がわからない言葉ってある?」 と生徒に尋ねたことがある。 するとある生徒から、「実は」という前置きとともに、 「『知性的』の意味が未だによくわかりません。知性的ってどういう…