人を変えたいと思っている人へ

話には「話し方」があるように、「聞き方」がある。

 

 

「話し方」とは自分の主張を伝える方法だ。自分の考えを的確に伝える方法と言い換えてもいい。しかし、その技術を高めたからと言って、必ずしも人間関係が円滑に運ぶとは限らない。

 

 

「話し方」の主人公は自分である。自分を相手にわからせようという気持ちがある。そこには「相手を理解しよう」という心は見えない。

 

 

相手の話を聞く。それは、相手を理解しようという心の表れともいえる。本当に相手を理解できるかどうかは二の次だ。「自分を理解しようとしてくれている」という心に共鳴して、相手は心を開く。

 

 

心を開く。心を開かせる。

 

 

そうなることで、人間関係は初めて形を帯びる。言いたいことを一方的に伝える技術を高めたとしても、それは相手を言いくるめているに過ぎない。時間とともに解けていく。

 

 

相手の話に心をこめて耳を傾ける。一見、簡単に思えるが、実行できている人は多くないだろう。心をこめるには、まず自分の心を変えなければならない。

 

 

そうしないと、人は変わらない。

 

 

(了)